講師紹介

音の棲む部屋に集う講師陣

音の棲む部屋では上野星矢講師の他にも、現役実力派講師のレッスンが受講できます。
レッスン日以外の時間も生徒様の質問に担当講師が素早くお答えするQ&Aサポートをご用意しました!

代表講師

上野星矢
Seiya Ueno
東京都出身。全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部、大阪国際音楽 コンクール管楽器部門中学生の部、全日本学生音楽コンクール全国大会高校 生等で第1位を受賞し、15才で初リサイタルを行う。東京都立芸術高等学校 を経て、東京藝術大学音楽学部フルート専攻入学。2008年、19才で『第8回 ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール』優勝。2009年より パリ国立高等音楽院に審査員満場一致で入学。2012年、パリ国立高等音楽院 第1課程を審査員満場一致の最優秀賞並びに審査員特別賞を受賞し卒業。
2012年、日本コロムビアレコードよりファーストアルバム『万華響KALEIDO-
SCOPE』でCDデビュー。翌2013年にセカンドアルバム『デジタルバード組曲』 を発売し、2作連続で雑誌『レコード芸術』特選盤。2014年、NewYork Young Concert Artist 2014にて最優秀賞。第25回青山音楽賞新人賞、第17回ホテル オークラ音楽賞受賞。2015年1月にサードアルバム『into Love』を発売。 現在はリサイタルや室内楽への出演、フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団に度々首席フルーティストとして客演、国内外オーケストラとの協演など世界を 舞台に活動している。2015年秋には全8か所のアメリカツアーを成功させ、
最終公演はニューヨーク・カーネギーホールでリサイタルデビューを果たした。

音の棲む部屋講師

フルート

高木美里
Misato Takagi
国立音楽大学演奏学科卒業。ムジークアルプ夏期国際音楽アカデミー修了。
第9回ウラジオストク国際音楽コンクール第2位。第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会大学の部入選。
第24回ウラジオストク春の音楽祭に招待され、沿海州立フィルハーモニック劇場、ロシア国立極東芸術大学にて室内楽コンサートを行う他、バルセロナにて室内楽コンサート、新国立劇場での日本初演オペラ「戯言の饗宴」(U.ジョルダーノ)、「シンデレラ」(E.W.フェラーリ)、「ベルファゴール」(O.レスピーギ)など、国内外で数多くのコンサートに出演する。
また、アニメ「ポプテピピック」「ダイヤのA」、ゲーム「Readyyy!」「オンゲキ」などの劇伴のレコーディングや、コブクロ・水瀬いのり・OxT等のアーティストのサポートとして音楽番組、レコーディングに参加する。

河合雪子
Yukiko Kawai
3歳よりピアノを、8才よりフルートを始める。
第14回 全日本ジュニア全管打楽器コンクールフルート部門高校の部金賞(第1位)。第67回 全日本学生音楽コンクール名古屋大会フルート部門高校の部 第1位、同コンクール全国大会入選。第15回 “万里の長城杯”国際音楽コンクール 管楽器部門高校の部 第3位。第18回 びわ湖国際フルートコンクール ジュニア部門 奨励賞。第2回 刈谷国際音楽コンクール フルート部門 一般の部 最優秀賞(第1位)、審査員特別賞、刈谷市長賞。セントラル愛知交響楽団とライネッケフルート協奏曲で共演。第42回コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞受賞。これまでにフルートを河合祥子、磯貝俊幸、大海隆宏、高木綾子、上野星矢、吉岡次郎、萩原貴子、神田寛明の各氏に師事。室内楽を高木綾子、日髙剛、市坪俊彦の各氏に師事。エマニュエル・パユ、ウルフ・ディーター・シャーフ各氏のマスタークラス、ヴァンサン・リュカ氏のプライベートレッスンを受講。ピッコロでジャン・ルイ・ボーマディエ氏の公開レッスンを受講。豊田市ジュニアオーケストラOG。 BS日テレ「恋するクラシック」に出演。愛知県立明和高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部を同声会賞を受賞し卒業。現在同大学大学院音楽研究科修士課程2年に在籍中。

河野彬
Akira Kono
東京音楽大学大学院修士課程を修了(修了演奏のテーマはJ.S.バッハと武満徹)。
これまでにフルートを植村泰一、齊藤賀雄、甲斐雅之、峰岸壮一の各氏に、指揮を汐澤安彦氏に師事。
M.ラリュー、J-C.ジェラール、B.クイケン、工藤重典の各氏のマスタークラスを受講。
現在、在京のオーケストラ、吹奏楽団への客演や、室内楽を中心とした演奏活動の他、地域における活動も積極的に行ない、2013年より出生の地、船橋市坪井にて「河野彬コンサートシリーズ(河野彬&高橋ドレミ DUO)」をライフワークとして毎年開催している。
また、北九州国際音楽祭、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトXIII(ラヴェル作曲「子どもと魔法」)、セイジオザワ松本フェスティバルに参加。
他に、汐澤安彦氏指揮によるSIOフィルハーモニックウインドオーケストラを主宰し、すみだトリフォニーホール(2012年)、東京芸術劇場(2013年、2015年)にて演奏会を行い、いずれも好評を博した。坪井の森音楽教室代表。

ソルフェージュ(楽典・音楽理論)

小山和
Nodoka Koyama
国立音楽大学附属高等学校音楽科を卒業。高校3年次に特待生(学費全額免除)に選ばれる。
国立音楽大学演奏学科ピアノ専攻を卒業。卒業時に卒業演奏会、東京都同調会新人演奏会、読売新人演奏会(伴奏)に出演。
大学卒業後よりパリへ留学。エコールノルマル音楽院を経てパリ国立高等音楽院伴奏科に入学し、同音楽院を審査員満場一致の最優秀の成績(首席)で卒業。在学中よりパリ国際女声合唱団の公式伴奏者及びパリ郊外の音楽院の歌曲クラスにて伴奏員を務め、2019年秋日本に完全帰国。
これまでにサル・コルトーでの演奏会をはじめとする数多くの演奏会及び音楽祭に出演。またリサイタルや講習会、録音、国際コンクールでの伴奏、及び室内楽での演奏活動も活発的に行う。

音楽教室 音の棲む部屋